カテゴリ:古里の石仏様 (津久見市)( 1 )

権現様への石仏

ことまちトップページへ戻る   フリーの壁紙写真大画像

a0042310_10471730.jpg大分県津久見市四浦半島の落ノ浦にある、「権現様」(ごんげんさま)へ続く山の参道を登ってきました。
権現様はこの地区の守護として崇められ、昔からの実話伝説が残っています。
昭和の時代では、戦争に出征する際にお参りをしたところ、特攻隊でその任務を果たしたものの、気がつくと身体だけが無傷のまま海面に浮かんでいて、無事帰還できたという話。
また、ある日、漁に出た一隻の手漕ぎ船が深い霧に包まれて、方角が全くわからず遭難しかけたときに、霧に閉ざされていたにもかかわらず、一筋の明かりが見え、その方向へ向かうと無事に港にたどり着いたそうです。
その昔、えらいお坊様が光の方へ山を登っていくと洞穴があり、観音像が見つかりました。(その場所が権現様です)
光で導いてくれた十一面観音菩薩像を、村のお寺「本教寺」へお祀りした日を記念して、年に一度だけ10月17日の「お開帳」でそのお姿を拝むことができます。(以上、長老の方からお聞きしました)
今回は、猛暑の中の参道を登りましたが、今では登る人も少ない様子で、途中大きなムカデに遭遇したり、あと一歩のところまで行ったにもかかわらず、雑草生い茂り進める状態ではなかったため、その場所からしばし手を合わせて、残念ながら引き返してきました。
その途中に鎮座されていた石仏様をご紹介します。
20080725<使用カメラ:Nikon D300>

・・・そして12月、なんと「ぶんご紙飛行機」のうえのさんが取材してくれました
たくさんの画像の使用を快く承諾していただけました
心から感謝しつつ、権現様の洞穴を追加で紹介します

20081220

↓ 本教寺の観音様と御開帳の風景(津久見を代表するHP ぶんご紙飛行機 の管理者「上野さん」からいただきました)
a0042310_12271841.jpg


a0042310_12273788.jpg


a0042310_11193258.jpg


a0042310_11185723.jpg


a0042310_111952100.jpg


a0042310_11201172.jpg


a0042310_1120295.jpg


a0042310_11205295.jpg


a0042310_112199.jpg


a0042310_11212654.jpg


a0042310_11214843.jpg


a0042310_1122329.jpg


a0042310_11221979.jpg


a0042310_11223618.jpg


a0042310_11225460.jpg


a0042310_11242269.jpg


a0042310_11245880.jpg


↓ このような石段が最後まで続きます
a0042310_11251959.jpg


a0042310_11253755.jpg


a0042310_1126588.jpg


a0042310_11262215.jpg


↓ ここからが「うえのさん」からいただいた権現様の全貌です
a0042310_2311122.jpg


a0042310_2315145.jpg


a0042310_23278.jpg


a0042310_2322526.jpg


a0042310_2324673.jpg


↓ 大きな洞穴の権現様(子供のときはもっと大きく感じました)
a0042310_2331722.jpg


a0042310_2333344.jpg


a0042310_2335413.jpg


a0042310_23482.jpg


a0042310_2342443.jpg

うえのさんのお陰で、完結することができました(感謝)

・浜木綿さん ・sayaさん ・由希さん ・しおりさん ・うえのさん ・MOMOさん ・李音さん ・MOMOさん(2)
嬉しいコメントをありがとうございます
(コメントの内容は右下の 「Comments」 をクリックすればご覧になれます)
いただきましたコメントは、ご訪問の記念の足跡として永く残させていただきます
感謝を込めて・・・管理人
このページのトップへ   ことまちトップページへ戻る   フリーの壁紙写真大画像
[PR]

by kotomachi | 2008-07-26 11:15 | 古里の石仏様 (津久見市) | Comments(8)