「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:嬉しいお便り紹介( 5 )

お便り紹介 5

ことまちトップページへ戻る


№5 2013年~2015年1月

ホームページ「ことまち太宰府」へお寄せ戴いたたくさんの嬉しいメールの中の、一部ですが紹介しているページです
皆さんからの温かい言葉をいただいて、肩こりもなんのその元気いっぱいになれます


ホームページ「ことまち太宰府」はプロバイダーのサービス終了に伴い、同日2015年2月28日を以って卒業させていただくことにいたしました。
新たなプロバイダーへの移行の道はたくさんありましたが、閲覧100万カウントをいただいたことでもう十分だと思います。
皆様のおかげで、10年もの長き間歩み続けてこれたことに、心から感謝申し上げます。
ホームページは卒業しますが、このブログは今後も続けていきたいと思っています。
なお、この「うれしいお便りのご紹介」コーナーはHPの閉鎖と同時に終了しますが、いただいたお便りは一生大切にしてまいります。
本当にありがとうございました。      管理人 「テル」



a0042310_8513151.jpg



2015.1.25
テル様
ほぼ毎日といってもいいくらい「ことまち太宰府」で綺麗なお写真を楽しませていただいています。
生まれは太宰府、育ちは久留米ですがいつも故郷を意識して「ことまち太宰府」に接してまいりました。
この度の閉鎖のお知らせにびっくりしたと同時に悲しいくらいに落ち込んでいます。それでも、ブログへ掲載されているお写真は今後も継続されるとのことで、いくらかの安堵感を持てることができました。
長い間、本当にお疲れ様でした。有り難うございました。寂しくなりますが、ブログの「ことまち写真館」に引き続きお邪魔させていただきます。
久留米市より愛をこめて ミコ

ミコさん、ご無沙汰しています。長い間いつも励ましていただき感謝に堪えません。たくさんの方々から「なぜ辞めるんだ」とお叱りのメールをいただき、ありがたさが身に染みています。
ミコさんをはじめ、応援していただいた皆様には大変申し訳ありませんが、そろそろ引退の時期かな?と思っていましたところ、プロバイダーさんのHPサービス終了メールが届きました。
タイミングを合わせて、覚悟を決めて決定させていただきました。
このコーナーの最後の掲載とさせていただきます。ミコさん、みなさん本当にありがとうございました。
また、ブログでお会いしましょう!           管理人




2014.7.6
筑紫台高校野球部出身のKOともうします。いつも見させていただいています。
僕は、野球部で甲子園にいった年の3年生です。が~ユニホームを着たまま応援席で大声を出す組の一員でした。
就職しても野球部でがんばっていましたが戦力外の一人として通告。僕のイニシャルが「K.O」。その通りになってしまいました。
何をやっても一人前にはなれないために、記録係と広報を希望し、今は毎日カメラを抱えて走り回っています。
写真の勉強をするために、たくさんのブログやホームページを見あさっていましたら、ことまち太宰府の写真に目が留まり、お手本にさせていただくことに決めました。
ほんとにきれいな大きな写真とナイスアングルで惚れました。
先生、これからもよろしくお願いします。

KOさん、お便りありがとうございます。私の写真は決してお手本にはならない駄作ばかりです。お褒めの言葉をいただいて嬉しく思いますが、ほどほどでお願いします(笑)
甲子園は残念でしたね。レギュラーもいれば補欠もいるのが、人生の構造と同じです。しかし、だれでも何か大切な役割を持っているはずです。それが目立たないものであっても、誇りを感じることのほうが大事だと思います。頑張りましょう。       管理人




2014.3.15
はじめまして、高知市のみどりと申します。
たくさんの写真で大宰府をはじめ、日本の各地をこちらのことまち写真館で巡らせていただいています。
最初の印象は「写真がきれい。写真が上手」です。私の父も同じように言っています。
父は数年前から足が悪化して、今は車いすでの移動が多くなりましたので、旅行にはなかなか行けなくて、ネットで旅行気分に浸っています。
特に福岡県の太宰府には何度か観光に行っていますので、懐かしい若いころの思い出があるようです。
自宅で、プロジェクターを使用しながら大型画面で父に見せていますが、ことまち写真館はすごいお気に入りで、毎日見たい見たいと言っています。
これからもファンの一人として、長くお続けになられますようにお願いします。

みどりさん、そしてみどりさんのお父さん、ようこそ「ことまち太宰府へ」。
また、お便りをありがとうございます。頻繁な更新はできていませんが、このようなお言葉が一番うれしく思います。
気が向いたときに更新をしていますので、またときどきはお越しくださいね。お待ちしています。       管理人



2013.8.27
ことまち太宰府の管理人さんはじめまして。
大分県津久見市に住んでいるK.Jと申します。
四浦半島のイルカ島を見に行ったとき、四浦半島で検索したらきれいな海と山と集落の写真が沢山載っていました。
保戸島と落ノ浦には行ったことがありますが、道路最終点の間元にはまだです。そこから見る保戸島は海峡を隔てて写真好きな私にとって、たまらなく感じ、先日カメラを2台積み込んで500枚ほど撮ってきました。
市街地に住んでいる者は、近いのになかなか行かないところで今まで勿体無かったなと思えるようなリアス海岸が連なっていました。
津久見にもこんなにきれいな自慢できるところがあったと、感無量に思います。
新発見した気分と嬉しかった気分が一緒になって、子供の夏休み最後の日にみんなで行ったことが一生の思い出になったような気がします。
福岡の管理人さんよりも、地元の私たちが知らないことが恥ずかしいですが、津久見をホームページに載せていただいてありがとうございました。
また沢山見せていただきに来ますのでよろしくお願いします。

津久見市のK.Jさん、お便りありがとうございました。実は津久見市は私のふるさとなんですよ。K.Jさんが行かれたことのある「落ノ浦」出身で、小学校6年生の途中に福岡へ転校しました。いまだにふるさとの海が忘れられずに時々は帰っています。
津久見といえば、津久見のことなら世界一のホームページがありますよ。私の憧れの人「うえのさん」のぶんご紙飛行機です。とても数え切れない写真の数々で毎日のように紹介しています。クリックしてぜひご覧になってください。        管理人




2013.3.14
(東京都のE.Bさん)
はじめまして、以前から写真のきれいなサイトだと感心していましたので、ときどき拝見させていただいています。太宰府市のことはよく知らないのですが、写真を見ているうちに行ってみたいと思うようになって、先日学生時代からの友人たちと行って来ました。
管理人様がたくさんの写真を撮っておられるのが分かる気がしました。太宰府天満宮とかお寺とかほんとに気が落ち着くところがたくさんあって、太宰府の町が大好きになりました。
サイトの写真を見て、友達と「ここのお寺。ここの史跡巡り。ここの博物館。ここの旅館」などを見物する計画も立てることができました。
管理人様の「ことまち太宰府」の意味もなんとなく分かったような楽しい旅行でした。
太宰府はいい町でした。管理人様、たくさんの写真で見る情報をありがとうございました。

E.Bさんサイトのご訪問ならびに太宰府へようこそ! 太宰府の素晴らしさはお越しいただければ想像していたよりもっと素晴らしく感じられると思っています。太宰府に住み、太宰府から太宰府を発信することで一人でも多くの皆さんが訪れますようにと日々願っています。
東京からご友人たちとお越しいただいたこと、そして私のサイトがきっかけだということ、心から嬉しく思っています。
これからも「ことまち太宰府」をよろしくお願いいたします。嬉しいお便りありがとうございました。        管理人




2013.1.25
管理人さんお久しぶりです!(N.Hさん)
太宰府を離れて、かれこれ20年も経ってしまいましたが、やはり生まれ育ったふるさとはいつも胸の中にあります。
お正月の天満宮は毎年3日間で200万人もの人たちの参拝を仰いで、大賑わいのことと思います。
私の実家は今はもうありませんが、当時天満宮の周辺に位置していましたので、新年の外出はいつも徒歩と電車だったのを思い出します。
だって、表の道路は参拝客の車が数珠繋ぎで動かないんですものね。
今もその思い出の風景のとおり、大変な状態なのでしょうか。
ーーーーーーーーー 中 略 ---------
管理人さんの「ことまち太宰府」のおかげで、いつもふるさとを見ることができ、幸せです。
その度に「帰ってみようかな」と主人に言うのですがなかなか実行できませんでした。それでもやっと3月の梅期に家族で旅行しようということになり、博物館も含めて太宰府を巡ります。
土日の一泊旅行でどこまで満足できるか分かりませんが、子供たちの目に私のふるさとが焼きついてくれる事を望んでいます。
少なくとも私はただ太宰府に帰るだけで満足ですが。笑
このような胸躍る気持ちにさせていただく「ことまち太宰府」をこよなく愛し続けます。

N.Hさん、ご無沙汰しています。いつもサイトを覗いていただきありがとうございます。お正月の天満宮周辺は、昔と変わらずに大渋滞していますよ。
名古屋から(9年ぶりでしたか?)ご家族での太宰府めぐり、きっと懐かしさで胸いっぱいになると思います。
素敵な(帰省?)旅行になることをお祈りしています。         管理人

[PR]

by kotomachi | 2013-04-01 01:47 | 嬉しいお便り紹介

お便り紹介 4

№4 2011年~2012年

ホームページ「ことまち太宰府」へお寄せ戴いたたくさんの嬉しいメールの中の、ほんの一部ですが紹介しているページです
皆さんからの温かい言葉をいただいて、肩こりもなんのその元気いっぱいになれます

ホーム「ことまち太宰府」へ

a0042310_1913350.jpg


2012.11.17
管理人様
はじめまして。私は太宰府市から福井のほうへ越してきた者で、K.Kと申します。
太宰府へは福岡第一経済大学時代の4年間でしたが、民間の寮で過ごしました。
その間、勉強もせずにバイトと彼との交際の日々で別の意味では充実した毎日でした。
初詣や菖蒲祭り、夏祭り、菊花展などたくさんの思い出が一杯で、若かったときの思い出のまちが太宰府です。
卒業して、就職して、結婚、そして離婚、他人から見るとだらしのないように思われてしまいますよね。
その苦しい節々にいつも浮かぶのが太宰府での楽しかった思い出。なぜだかよく分からなかったのですが、当時交際していた彼との思い出が重複して現れたものと感じています。
そんなあるときに京都で元彼と会うことになって、浮かれた自分に気がつき、会うのをやめようと決めたときに、彼から何度も電話で諭されました。
私の第二の恋愛物語です。彼は初婚、私はバツ一、とうとう先月結婚してしまいました。
それも、太宰府で同じ大学に進みそこで知り合ったもの同士、遠回りしましたがご縁があったのでしょうね。
来年早々に、主人が福岡勤務になりそうですので、太宰府のマンションをあたっています。
また当時と同じ太宰府市に二人で住めることを楽しみに、心を浮かしています。
人生の流れはどのように変わるか分からないものだとつくづく思っています。
ことまち太宰府の一フアンとして、管理人様へメールをさせていただきました。

K.Kさん、先ずはおめでとうございます。本当に「縁」というのは不思議なものですね。
学生時代の恋が遠回りしながら、再びの巡り合いに繋がっていくということは、稀ではなく時には当たり前のようにやってきて、お二人の落ち着くべきところに納まるものなんですね。運命さえ感じます。
そして、太宰府にお住まいの予定ですか?嬉しいですね。きっとどこかでお会いするかも知れませんね。  お幸せに・・・。     管理人




2012.7.28
初めまして!東京のA.Iと申します。
学生時代に太宰府市に住んでいた時、お付き合いをしていた彼と竃神社でおみくじを結んだことがありました。
そのときは彼を真剣に思い、お互いに信じあっていましたが、時のいたずらでいつの間にか彼のほうからその思いは段々と薄らぎ、ついにはお別れしてしまいました。
私は東京へ、彼は横浜へ就職し、もちろん連絡も一切取り合っていませんでしたし、私は携帯を変えたときに番号も変えていました。
その後3年経った今年の4月に仕事で福岡へ行くことになり、事前に管理人さんの竃神社の記事を拝見して、当時の懐かしさから神社を訪れた時です。恋の成就を願った絵馬がたくさん並んでかけられてあるのを見つけ、興味本位に見ていますと、間違いなく当時の彼(イニシャル)が3月に「私への思いを綴り、もう一度会わせてください」と神様に祈願絵馬を結んでいました。彼も今年の3月に来ていたのです。
涙が出ました。でも、彼の電話番号も会社名も分からずそのまま東京へ帰ってきました。
すぐに友人へ彼のつてをたどって携帯番号を調べてもらい、やっと連絡がつきました。
彼はまだ横浜に居ました。そして再び会うことができ、お互いに当時の思いがそのまま芽を吹き返しました。
そして昨日、「結婚しよう」と言ってくれました。うれしくて、うれしくてただうなずくだけで声が出なくて涙しか出ませんでした。
管理人さんの記事を読んでいなかったら竃神社へも行っていなかったと思います。
私たちの人生を変えていただいた管理人さんに感謝しています。
縁を結び直していただいた竃神社へもいつかまた二人でお礼に伺います。
ありがとうございました。

A.Iさん、まるでドラマを見ているような奇跡ですね。お別れしていてもお二人の思いが消えることなく続いていたからだと思います。
「竈門神社」はまさに縁結びの神様。彼とA.Iさんのいずれかが神社を訪れていなかったら今は無かったでしょうね。不思議なそして幸運な出来事に感謝し、これからも末永くお幸せにお過ごしください。  おめでとうございます。     管理人




2012.3.30
名古屋から拝見しています。keikoと申します。
太宰府の還暦梅上げに参加して以来、太宰府へは帰っていませんので、当時の催しが懐かしく、検索してみました。
なんと、こちらのサイトに私たちの行事が最初から最後まで掲載されていてびっくりしました。
早速友人に電話をしたところ、みなさんご存知でまたまたびっくりです。聞くところによると、開催後に事務局から全員にCDを送付した際(私もいただきました)別葉でご案内いただいていたそうでうっかりしていました。
このようなふるさとの催しを掲載していただいて、ほんとに嬉しく思っています。
私の顔も友人の顔もしっかりとネット上にありました。恥ずかしいやら嬉しいやら、改めて家族と一緒に楽しませていただきました。
本当にありがとうございました。

名古屋のkeikoさん、お便りをありがとうございました。
当時は役員の方から取材を依頼されていましたので、掲載を約束でご一緒させていただきました。
還暦とはいえ、皆さんの若々しさが印象に残る取材でした。またふるさとの友人に会いに帰ってきてくださいね。     管理人




2011.12.5
太宰府出身の〇〇〇〇(本名でしたので「T 子」さんとさせていただきます)と申します。
このサイトを知ってから、かれこれ3年になりますが初めてお便りします。
私は高校を中退し、大阪に来てから6年、仕事を転々として辛い日々が続き、ふるさとが恋しくても帰れない境遇にありました。
そんなときに、このサイトに出会って幾度となく励まされました。辛いときはふるさとを思い出すものですね。

・・・・・感動の内容ですが個人やお住まいなどが特定されますので残念ですが中間を略させていただきます・・・・・

菊花展のページを拝見させていただいたときに、家族みんなで出かけたことが切なく思い出されて、5年ぶりに母へ電話をしてみました。
お互いに涙ながらの会話でしたが、なぜか心のわだかまりがほぐれたような気持ちになりました。
私を思っていてくれた両親の気持ちがよく分かり、年末には6年ぶりに太宰府へ帰ります。
親不孝を謝りたいと思います。
このようなきっかけと私の背中を押してくれたことまち太宰府の管理人さんへ感謝の気持ちを伝えたくてメールしました。
本当にありがとうございました。また時々拝見させていただきます。

2012.1.11
(引き続きいただいたメールから一部を抜粋)
6年ぶりに12月26日から1月7日まで太宰府へ帰ってきました。
管理人さんのおかげで両親や親戚の者と久しぶりの対面が果たせ、嬉しくて嬉しくて涙が止まりませんでした。
私の独りよがりなことからとんでもない6年を過ごしてしまい、両親に申し訳けなくたくさん謝って許してもらいました。
私の幼稚さと、愚かさで家を飛び出してしまったことを心から悔やんでいます。
今年は、大阪の仕事を整理した後に、福岡で就職口を探して実家に戻ることになりましたので、これからは親孝行をして今までの6年間を取り戻す年にしたいと思っています。
このような幸せな気持ちになれたのは、管理人さんのサイトに出会ったからこそです。
もし出会っていなかったら、今年もまた自分勝手な、だらしない生活が続いていたでしょう。
そのことを考えると、管理人さんは私の神様みたいな方です。本当にありがとうございました。

T子さん、感動のメールをありがとうございました。繰り返し繰り返し読ませていただくうちに涙が出てきました。
いろんなご事情で親元を離れ、ほんとうに大変だったとお察しします。でもこれからは家族の絆がもっと強いものになると思います。
ご両親はもちろん、ご自分をも大切になさって頑張ってくださいね。       管理人

T子さん、またまた感動のメールをありがとうございます。
福岡に帰って就職されるとのこと、よかったですね!ご両親もさぞかしお喜びだと思います。
なんだか私もうれし涙が出てきました。幸せになってくださいね。        管理人

昨年12月と本年1月に掲載したT子さんからのメールに対して、たくさんの方々から激励や感動のお便りをいただきました。
発信主のご承諾を得て、T子さんへ転送させていただきました。
KKさん、YAさん、SHさん、NFさん、MNさん、KNさん、ERさん、SOさん、YUさん、FTさん、RYさん ありがとうございました。       管理人




2011.9.3
管理人様へ。
2年ほど前から、ニコンD3をご使用ということで、ことまち写真館と別館の壁紙写真をいつも拝見させてもらっています島根のあきらと申します。
一昨年に一度だけコメントを投稿した者です。
私も発売と同時にD300と一緒に買い求めて、2台のカメラを用途に合わせて使い分けていますが、カメラは奥が深くてなかなか思うような写真は撮れずに、いつも妥協しながらの作品作りを続けています。
つい先日地元新聞の写真コンテストに応募した結果、大まぐれで優秀賞をいただき、頭から蒸気が吹き出ているような興奮のまま、メールを書いています。
それというのも、いつも管理人さんの写真を眺めては参考にさせていただき、ファインダーを覗いていたおかげです。
今回は、「こどもと夕暮れ」という題で近所の子供たちがモデルになってくれて、自分でもいい出来だったと思っています。
入選した作品ではありませんが、殆ど同じような50数枚の中の一枚を添付させていただきますので、見てください。
管理人さんの夕日をバックに人物を撮られていた写真とよく似たアングルを意識しながら撮ったものです。
初めての受賞ですので、真っ先にお知らせしたくてメールを差し上げました。
これからも、よろしくお願いします。

島根の「あきら」さん、この度の受賞、まことにおめでとうございます。本当に素晴らしいお写真を頂いて感激のため息をつきながら拝見させていただいています。私の写真を参考に?いえいえとんでもありませんよ。私のものとは比較にならない立派な作品です!
これを機に、こちらこそよろしくお願いいたします。お便りありがとうございました。     管理人




2011.7.12
昨年まで11年間太宰府市で生活していた東京の〇〇〇〇〇(K.Uさん)と申します。
毎年太宰府天満宮への初詣、鬼すべ、千灯明、などいろんなお祭りには、必ず見物に出かけました。
祭り好きな私は福岡市に住んでいた彼(今は夫です)を誘い、写真集ができるくらいにたくさんの写真を撮ってきました。
その写真をブログに掲載できないかと模索しておりましたところ、管理人さんのサイトに出会いました。
ステキなサイトにびっくり!莫大な量の写真と解説には見る者すべてがはまってしまいます。
ぜひお手本にさせていただいて、小規模になると思いますが私も作って東京から発信してみたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中 略 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ことまち太宰府と、ことまち写真館のように、多くの人が喜んでもらえるようなサイト創作に向けて頑張ってみます。
その際に分からないところがありました折には、ご教示くださいますようお願いします。

K.Uさん、ホームページからの立ち上げだとのこと、素晴らしいサイトになることと思います。東京から太宰府のお祭りを発信されることは、もっともっと太宰府を全国の皆さんに知っていただきたいと思っている私にとって本当にありがたいです。
微力ですが、何かお手伝いするようなことがありましたらご遠慮なくメールでご連絡ください。完成を楽しみにしています。        管理人




2011.5.11
ことまち太宰府の管理人さん、はじめまして。神奈川の〇〇小学校教諭のY.Rと申します。
実はずいぶん以前からこのサイトに興味を持って、拝見させていただいていました。歴史を感じる太宰府市などたくさんの写真で紹介されていつもすばらしいと感じております。
この度は、太宰府市ではなくて恐縮ですが、熊本県の火山などの仕組みを題材とした、私の学級での教材としてお写真を使用させていただきたいことをお願いに参りました。
雄大な阿蘇山のカルデラのお写真を数枚、ダウンロードさせていただき、保護者参観授業で勉強したいと思っています。もしお許しいただけるのであれば早速作業に入りたいと思います。
もちろん授業では、「ことまち太宰府」さんのサイトからお借りしたことを皆さんにお知らせさせていただきます。
ご返事いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

Y.R先生、はじめまして、そしてようこそ当サイトへ
私のような素人が撮った画像をご使用いただけることは光栄に思います。このようなものでよろしければどうぞご自由にお使いください。
少しでもお役に立てれば嬉しく思います。              管理人




2011.2.17
初めてお便りします。東京の美菜(仮名)と申します。
以前3年ほど父の転勤で太宰府市に住んでいましたが就職と同時に東京へ出てきました。
父母は未だ健在で太宰府市に住んでいますが、ここ5年は実家へは帰っておらず、父母のほうから東京へ来てもらっている状態です。
大学生だった頃にいた太宰府は、とても閑静なところだったのが印象に残っています。たぶん実家が奥まった団地だったからかもしれませんね。
でも文化遺産やたくさんの遺跡と施設はとてもすばらしく感じています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中 略・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そのような思い出の地を、ことまち太宰府さんのホームページで紹介していただき、嬉しく楽しく拝見させていただいております。
母からは時々は帰っておいでとよく言われていましたが、確かにそのような気持ちにさせていただくサイトですね。
気候がよくなりましたなら、ぜひ実家へ帰ろうと思います。
また時々拝見させていただきますね。

美菜さん、お便りをありがとうございます。実家が太宰府市だとのことでこのHPにお越しいただいて嬉しく思います。 またご両親様は太宰府市にお住まいで太宰府とはご縁が続いていますね。
今後とも太宰府をこよなく愛し、時々は帰ってきてください。お待ちしていますよ。        管理人




2011.1.2
ことまち太宰府の管理人さんへ
明けましておめでとうございます。
佐賀市から太宰府天満宮に参拝してきました「春待草」と申します。
去年の初詣風景をこのサイトで見させていただいて、公共の乗り物(JRと西鉄)で本当にすいすい快適に行けました。
知り合いの者は家族が多かったためにマイカーで出かけて、かなりの時間を費やしてクタクタになって帰ってきました。
私も家族4人だったのですが、前もってことまち太宰府さんを見ていて楽な電車にしてよかったです。
ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中 略・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
太宰府や佐賀やいろんな観光地の特集をたくさん載せておられますね。門司港レトロと四国には一度は行ってみたいと思っていましたので、感激でした。
これからもいろんなところをたくさん見せてください。

春待草さん、あけましておめでとうございます。ようこそ太宰府へ、そしてようこそ「ことまち太宰府」へ。
お正月の太宰府は公共の乗り物が一番確実に、安全に、早く来れますよね。実行していただいて、また、その証明までしていただいてありがとうございます。またお越しくださいね。        管理人

[PR]

by kotomachi | 2011-01-01 00:00 | 嬉しいお便り紹介

お便り紹介 3

№3 2009年~2010年
最新のお便り紹介ページへ

ホームページ「ことまち太宰府」へお寄せ戴いたたくさんの嬉しいメールの中の、ほんの一部ですが紹介しているページです
皆さんからの温かい言葉をいただいて、肩こりもなんのその元気いっぱいになれます

ホーム「ことまち太宰府」
a0042310_11585330.jpg


2010.11.25
はじめまして、こんにちは!
兵庫におります久留米市出身の及川〇〇子と申します。
一昨日身内の結婚式に参加するため、久し振りに帰郷したまし折に、母から九州の太宰府国立博物館に連れて行ってもらいました。
初めて見る外観は青いガラスの壁に囲まれて、未来の建物を見ているようなすばらしいものでした。
子供のころから太宰府へはよく行っていましたので、懐かしさも加わってか、博物館の前から地元の友人に携帯電話をしましたが、残念ながらすぐには来れない遠いところにいて、お会いすることができませんでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中  略 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
帰宅してから、太宰府のサイトを検索しましたら、こちらへとつながりました。
本当にたくさんの写真と、たくさんの名所の紹介に圧倒されました。
このサイトのおかげで兵庫から、九州がもっと近くに感じられるようになりました。
これを機会に、年末には家族そろって帰郷し、太宰府天満宮へ初詣の計画になりました。
ありがとうございました。

及川〇〇子さん、久留米に帰郷、そして太宰府へようこそ  博物館が開館してから太宰府市の観光客の数が増大してきたのは、太宰府天満宮との相乗効果だと思います
初詣にはご家族そろって起こしだとのこと、心からお待ちしています 嬉しいメールをありがとうございました       管理人




2010.7.3
いつも助かっています。太宰府市国分の〇〇川〇美。
10年ほど前に福岡市から太宰府へ転入して来ました。
夫の仕事柄、県外からの来客が多くたくさんの方と接客・連絡している毎日です。
地理的に疎い私どもに、皆さんからよく太宰府のことを聞かれてネットで調べてはお答えする有様でした。写真などもご案内できれば良いのですが、その点も大変苦慮しておりました。
太宰府の名所や旧跡をネット検索していますと「ことまち太宰府」さんの「ことまち写真館」が膨大な写真集を掲載されているのを知ることができます。
たとえば、太宰府の光明禅寺や観世音寺、博物館等々の事を聞かれたときは、「ことまち太宰府」さんのホームページの”ここ”をご覧くださいとお答えできます。
豊富な写真でお客様もご満足されおり、お礼の電話も度々いただいています。
これも、「ことまち太宰府」さんのおかげだと、本当に感謝に耐えません。いつも助かっています。
--- 中 略 ---
これからもお世話になります。
メールでは思いのほんの一部しか表現できませんでしたが、これからもどうぞよろしくお願いします。

国分の〇〇川〇美さん 地元からのメールをありがとうございます
私のHPがこのように利用されているんだと知り、少しでもお役に立てたことを嬉しく思います
今後も、僅かながらも写真の追加などを心掛けてまいりますので、よろしくお願いいたします      管理人



2010.4.4
突然のメールで失礼いたします。
私は太宰府市五条出身の〇〇加奈子と申します。太宰府に生まれ、28才で結婚して現在は夫の定年を気に大阪から屋久島に移住してきました。
豊富な自然の中で日々をすごすことは、都会の生活に比べるととても心休まるものです。
ここに来てやっと一年が経った今、生まれ故郷の太宰府のことが懐かしく思えるようになり、夫婦でインターネットの講習会に3ヶ月通いまして、初めて太宰府を検索しました。
最初に目に入ったのが、ここの管理人さんのホームページでした。ことまち太宰府はステキな名前ですね。
まず小学校を拝見し、地域の写真を約2時間かけて巡りました。太宰府のお祭りも史跡巡りも懐かしくて自宅のパソコンは私が独り占めしている状態です。
太宰府のことがこんなにもたくさん掲載されていることに嬉しさと驚きで感激しています。
これからもたくさんの太宰府を見させてください。またお邪魔させていただきます。
ありがとうございました。

加奈子さん(と呼ばせていただきます。)ほんとに嬉しいお便り、ありがとうございます
太宰府市のご出身の方に時々嬉しいメールをいただきますが、サイトを発信していてよかったなぁと思っています ほんの少しでも思い出の太宰府を感じ取っていただけたらありがたいです
これからもどうぞよろしくお願いします      管理人



2010.1.7
(kazukoさんよりいただきました)
初めてコメントさせていただきます。東京からです! yahooニュースを見てファンになり時々拝見に来させていただいています。
大宰府のことがこんなたくさん載っているなんてびっくりしているのは、私だけではなかったようですね!
yahooニュースに載ることだけでもすごいのに、先月の27日か28日の全国版の新聞でも見ました。
本当に大宰府のことがお好きでなければ、このような素晴らしいホームページにはならないですよね。
隅から隅まで観光として楽しめますし、学校や地域の写真も大宰府全部が載っているし、太宰府が故郷の方はどこにいても故郷に帰れた気分になれるはずです。
きっとたくさんの方が懐かしさとありがたさをもってご覧になられていらっしゃることでしょう。
私は山口県の田舎から出てきていますが何年も前からこのような山口のホームページを探しています。でも、素敵なページが見つかりません。
少しずつ故郷の地を探しては懐かしんでいます。大宰府出身の方がうらやましいです。このホームページだけで探しているものの全部が見れますもの。
また時々お邪魔いたしますのでよろしくお願いします。

kazukoさんようこそ! マスメディアとは恐ろしい力(効果)があるんですね
私もあのカウントの上がりようにはびっくりしました 私はその記事を探しきれませんでしたのでよく知りませんがありがたいものです
嬉しいメールをありがとうございます また時々お越しくださいね お待ちしています        管理人



2009.12.28
ニュースを見てきました。(青森のnagaokaさん)
読売新聞やヤフーデイリーニュースで取り上げられるなんてすごいサイトですね。
確かにそれだけの素晴らしいサイトだと実感しました。豊富な写真の数と鮮明さ、さすがにプロとお見受けしました。
青森から福岡の大仏様を拝むことができるのは文明の証でしょうか、ありがたいことです。
サイトナンバー2の南蔵院も拝ませていただきました。
全国的に報道される貴殿のサイトに感服し、お礼の言葉を残していきます。

nagaokaさん、コメントをありがとうございます
私のサイトがニュースになっているとは知りませんでしたが、12月27日のカウントが当日だけで4千を超えているのを見てびっくりしました
コメントをいただかなければわからなかったかもしれません 改めて感謝申し上げます
それから、私は写真のプロではなく単なる愛好家です 過分なお言葉ありがとうございます      管理人



2009.11.30
ご無沙汰しております。福岡女子短大卒のayumiです。
今年もあと1カ月ですね。今年もたくさんの太宰府をご紹介いただいて本当にうれしく思っております。
特に菊花展は太宰府に居たときの一番の思い出の催し物で、甘くひそやかな青春時代の真ん中でした。
管理人さんがご紹介されているほとんどの場所、たくさんたくさん思い出があり、懐かしく感極ります。
福女短の友達や行きつけのお店やさんのオーナーの顔が浮かんで、また太宰府へ行きたいと毎日考えておりました。
九州国立博物館の阿修羅展に家族みんなで出かけてきましたが・・あんなに見物客が多いとは予想もしていませんでした。
約3時間も並んで見物し、後は疲れ果てて福岡のホテルへ。
でも、管理人さんの太宰府情報はいつでもどこでも拝見することができて嬉しいです!
これからもよろしくお願いします。家族一同より。

ayumiさん、ようこそ太宰府へ・・・「お帰りなさい」のほうがぴったりでしょうか
ayumiさんの学園や太宰府を思うお気持ちがしっかりと伝わってきます 太宰府の情報を発信してきて思うことは、最近更新が滞っていましてプレッシャーになっています しかし反面、ボチボチとやっていける気軽さでそんなプレッシャーが解放されることも確かです これからもゆったりと続けてまいりますので、よろしく見守ってくださいね いつもありがとうございます        管理人



2009.7.11
管理人さん、こんにちは。静岡の○沢○○美です。
6回目のメールになりますけど、毎回ご丁寧なご返事を頂いて恐縮に思っています。
今回は今までの質問の内容とは違い、ホームページの感想を述べさせていただきますね。
学生の時から太宰府の歴史や文化に興味を持ち、いろいろと調べていくうちに現代の太宰府の町にも興味がわいてきました。
ネットで太宰府を検索し、たくさんのホームページを拝見しました。その中でひと際輝いているサイトが、管理人さんが運営されている「ことまち太宰府」です。
今の時代に最もマッチする視覚で学習できるサイトです。毎日大勢の方々が訪問される条件に、内容の豊富さと視覚に訴える無限大の写真の数々が挙げられますが、そのどれもが満足いけるサイトです。
今では、毎日朝一番にこのサイトを開けることが日課になっています。皆さんは、トップページの目次に大きな変化はないように思える方もいらっしゃるのでないかと?ところが、頻繁に写真が入れ替わっているのをお越しになられる皆さんはご存知なんでしょうか?そのような目立たないところで新しいものに差し替え、追加していらっしゃるサイトであることに魅力を感じて常連の席をいただいています。
管理人さんへ尊敬の念を込めて。○沢○○美

※ ○沢○○美さん 実名でありましたため、勝手ながら、お名前を一部伏せさせていただきました
毎日お越しいただいているとはありがたくてお礼の言葉が見つかりません 光栄です!また、過分なるお褒めのお言葉に気持が舞い上がっています
更新がなかなか進まなくて焦りはありますが、こつこつと続けていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いたします    管理人



2009.5.4
はじめまして。北海道日高町の匿名”馬子にも衣装”と申します。突然のメールで失礼いたします。
生まれは遠い九州大分で、大学が太宰府市の筑紫女学園ですので、太宰府は第二の故郷です。
暫らくは、大分市内のデパートに勤務していましたが、ひょんなことからここ北海道に腰を下ろしています。
毎日々馬と一緒の生活で九州と大学の友達を懐かしく思っています。
昨日夫がこのサイトを見つけてくれて、教えてくれました。
太宰府の隅々までたくさん載せておられるいいサイトに驚いています。
私のような文章が苦手の者は写真でなければ馴染めないものですから、写真で紹介されていることにものすごく興味があります。
太宰府市の公式ホームページは何度も見ていますが検索し辛くて諦めていました。
その点”ことまち太宰府”はトップページから検索項目が並んで初心者の私にも容易に検索できて、見たい所へすぐに入っていけます。
こんなにたくさんの情報が詰まっているサイトはほかに見たことがありません。いつまでも続けてくださいね。
これから、楽しみが増えました。また参ります。

※ 馬子にも衣装さん ようこそ! 筑女大のご卒業ですか・・・私の家から徒歩3分ですよ
北海道とは随分遠いところへ行かれたんですね~ はるか遠い地からのお便り、感激しています
日高といえば、サラブレッドの産地で有名ですが、そのお仕事をされてるんでしょうね ご苦労様です
「ことまち太宰府は」これからも続けていきますので、よろしくお願いいたします         管理人



2009.4.15
はじめまして!太宰府出身で大阪に在住しております kana と申します。
先日の梅上げに参加するために3日間、故郷の太宰府へ帰りました。
久し振りに見る友の顔が懐かしくて、当時のクラスメートと抱き合って対面の喜びを味わいました。
私たち還暦の模様を管理人さんが同行され、カメラに収めていただいたおかげで、忘れえぬ思い出が残ります。
今特集で拝見させていただいて感激しております。
たくさん撮っていただいて、大変嬉しく思います。その写真は事務局からはまだ届いていませんが、CDで全員に送っていただけるようになっております。
早く届かないかと心騒いでいます。
事務局にも準備のお時間が必要でしょうから、今しばらく楽しみにお待ちいたしておきます。
当日は、私たちのために貴重なお時間を割いていただきありがとうございました。
またこんな素晴らしいホームページを見せていただき、嬉しさ倍増です。
太宰府の懐かしい風景をこれからもよろしくお願いいたします。

※ kanaさん 久しぶりの太宰府で同窓会のような還暦会は大変賑わい、懐かしさでいっぱいの様子でしたね
撮影の依頼を受けて出掛けましたが、皆さんのお顔が本当に素敵でした
それぞれに年輪を重ねていたにもかかわらず、皆さんのお若い姿に私もうれしくなりました
これからも、ふるさと太宰府をいつも胸にお過ごしいただきたいと願っています      管理人



2009.1.22
時々お邪魔していましたけど、はじめまして。^^)
熊本在住のaya-miyamotoです。
太宰府の町が大好きで、月一回は福岡方面に出掛けています。
もちろん太宰府へは毎回お寄りして天満宮や博物館やそのほか史跡巡りをやっています。
このたびは私どもの熊本を特集し掲載していただいて、ありがとうございます。
広範囲な情報で、ますます「ことまち太宰府」が好きになりました。
また参りますね。

※ ayaさん 毎度お越しいただいてありがとうございます
熊本へ職場の仲間たちと小旅行した際に撮ってきたもので、なんだかついでのようで申し訳なかったんですが、特集を組んでみました
また時々お寄りくださいね 待っていますよ~        管理人


このページのトップへ   最新のお便り紹介ページへ
[PR]

by kotomachi | 2009-05-06 11:55 | 嬉しいお便り紹介

お便り紹介 2

№2 2007年~2008年
最新のお便り紹介ページへ   

ホームページ「ことまち太宰府」へお寄せいただいた嬉しいメールの中の、ほんの一部ですが紹介しているページです
皆さんからの温かい言葉をいただいて、肩こりもなんのその元気いっぱいになれます

ホーム「ことまち太宰府」
a0042310_1205592.jpg

2008.12.17
ことまち太宰府管理者様
はじめまして、太宰府西中学校卒東京在住の安恒カンスケ(PN)と申します。
高校大学は福岡市内で、長浦台の実家から通っていました。もう20年以上も前のことです。
東京へ来た時は年に2回ほど帰省していましたが、今では3年?忘れかけた時にしか帰っていません。
父母も老いてきましたので、いつも帰らなければと思いながらも実行せずに叱られています。
太宰府のサイトを検索していましたら、ことまち太宰府が出てきました。
天満宮や、戒壇院、そして何よりも嬉しかったのが私の住んでいた地域の写真です。
懐かしい懐かしいと何度もつぶやきながら、妻や子供に見せてあげました。
もう遠い昔のことだと思っていた太宰府の思い出が、一気に最近のように思えてきます。
このような素晴らしいサイトが個人の運営でなされていること、心より敬服し感謝いたします。
これからも、よろしくお願い申し上げます。

※ カンスケさん うれしい言葉の数々、ありがとうございます
太宰府出身の方から励ましのメールをいただくと、頑張ろうっていう気持ちが湧いてきます
何分職の面では現役であるため、しょっちゅう空けることがありますが、今後ともよろしくお願いいたします。   管理人



2008.10.21
テル坊さん、はじめまして!福岡出身&バンクーバー在住のmihoです。
今日は私のブログ「エレファントビーチ便り」をリンク集に仲間入りさせていただき有難うございました!
「ことまち太宰府」をエッグさんに教えていただいたお蔭で、休館日で足を運ぶことができなかった祖父母にもウェブを通して九州国立博物館の写真を見せてあげることが出来ました。
テル坊さんの写真がとても素敵なので、祖父母もとても感動していました!
本当にありがとうございます!

今日はルンちゃんの写真を楽しませていただきました♪
愛情いっぱいに育てられている様子が、ルンちゃんの眼差しから伝わってきますね。
ルンちゃんフォトアルバムで、とーっても癒されました♪
また、おじゃまさせて頂きますね。

※ mihoさん遠いカナダ バンクーバーからのお便り、ありがとうございます 私もエッグさんのおかげで素晴らしいエレファントビーチ便りに出会うことができました
「ことまち太宰府」ともども、今後ともよろしくお願いいたします      管理人



2008.10.4
初めまして。
偶然、「ことまち太宰府」を見つけ、とても気に入りました。
美しい写真がいっぱいで、とても楽しいHPですね。
ところで、女性ばかりが会員のB-noteというサイトをご存知ですか?
素晴らしい写真がたくさんの、楽しいHPなので、自分だけが楽しむより、もっとたくさんの人に楽しんでもらおうと、紹介させていただきました。
また私は、熊本に来る前、津久見に住んでいました。
記憶は断片的にしかありませんが、よほどいいところだったのか、熊本に来てからずっと、「津久見に帰ろうよ~」と子供達に言われて、母が困ったといってました。
これからも、各地の魅力を紹介していってくださいね。
特に太宰府情報、楽しみにしてます。
ステキな写真を、どうもありがとうございました。
        熊本県  B-note:ニックネーム 「エッグ」
   [追加掲載:2008.10.5]
こんにちは、エッグです。
わざわざメールを、ありがとうございました。
「ことまち太宰府」のように、素晴らしいHPを見つけれて、よかったです。
個人が運営しているとは思えない、ステキなHPですね。
たくさんの人に知ってもらいたいと思い、B-noteに掲載しました。
アクセス数が、これをきっかけに増えれば、うれしいですね。
津久見にいたのは、4歳ぐらいだったので、記憶はおぼろげです。
でも、海が近くにあったこととか、みかん畑があったことを憶えてます。
写真を拝見して、一度行ってみたいと思いました。

※ エッグさんようこそ 私のふるさと「津久見」に共通しているとは嬉しいですね~ HPを宣伝していただき、ありがとうございます。
津久見にも太宰府にも、ぜひお越しくださいね。
また、素敵なB-noteの記事を嬉しく拝見しました。併せて感謝申し上げます。      管理人



2008.9.23
はじめまして。鳥取砂丘の近くの相川と申します。
大宰府は祖父の出身地で、40年ほど前に仕事の関係で一家揃ってこの地に越してきたそうです。
以前は時々大宰府へ行っていましたが、最近は随分遠のいてしまいました。
ネットで「ことまち太宰府」にたどり着いたのが3年ほど前ですから、その間祖父を中心にみんなで拝見していました。
この時期は「どんかん祭り」があるって祖父から聞きました。その様子も「ことまち太宰府」の豊富な写真で楽しませていただきました。
祖父も喜んでいます。

※ 鳥取の相川さん、太宰府出身の方がこうして嬉しいメールを送信してくださることに、ありがたく喜びを感じています 
ぜひ近いうちに、おじい様の里帰りをしていただき、ご一緒に太宰府へお越しいただきたいと願っています
ありがとうございました    管理人



2008.8.5
津久見ん子です。ayumiの紹介で伺いました。
懐かしい写真で瞳ウルウルで見ています。四浦出身です。
落ノ浦も、狩床も、保戸島も懐かしさいっぱいです。
小中学校時代は何度行ったか分からないくらい、ちょくちょく行っていました。
大学はayumiと同じ太宰府市の福女短卒です。卒業後、福岡市内に勤務して結婚、今は佐賀に住んでいます。
管理人さんと共通の津久見と太宰府は何か縁があるのでしょうね。
千怒には、母がいますが、用事がある時は佐賀の方に来てもらっていますので、もう10年くらい津久見には帰っていませんでした。
母は、トンネルができて四浦の人は便利が良くなったと言っています。故郷の写真を見ていると、不思議に帰りたいという衝動に駆られてしまいます。
主人にお願いして、今秋に車で帰ることにしました。
管理人さんとayumiのおかげです。ありがとうございました。

※ 私のふるさと津久見出身の津久見ん子さんいらっしゃいませ
太宰府の大学を出られたとはほんとに奇遇ですね 私もayumiさんに感謝しなければいけませんね~これからもお互いにふるさと津久見をこよなく愛し続けましょう 
そこでお勧めのサイトをご紹介します 
私のHPのリンクの中から「ぶんご紙飛行機」をクリックしてください 津久見の画像が無限にあり懐かしさ満載ですよ    管理人



2008.6.1
こんにちは。
第一保育短大卒の みそっかすです。
卒業して かれこれ28年になります。
紅梅寮で寮生活してましたので とても懐かしかったです。
当時プロを目指していたチャゲさん、飛鳥さんとも知り合ってとても楽しい短大生活でした。
今でもコンサートに行きます。
直接お会いする事は出来ませんが”あの頃”に戻れる瞬間です^^
また訪問させていただきますね。

※ みそっかすさん ご訪問ありがとうございます
第一系は学校名を変更されていますね 卒業生からはちょっぴり寂しいようなメールをいただいています
でも、母校には変わりありませんから、みそっかすさんのようにいつまでも思い出として残し、大切にして欲しいと思います
またのお越しを楽しみにしています      管理人



2008.5.1
日々野球漬けで家庭サービスを忘れかけていた岩国市のイチローと申します。
10連休のゴールデンウイークで、息子と娘と嫁さんを太宰府へ連れて行きました。本当は嫁さんが計画しました^^;
嫁さんが念入りに計画を立てれたのは、このサイトのおかげです。太宰府の見たいところが瞬時に見れるし、解説付きですので助かります。おまけにホテル情報もあって太宰府市内が一望できる部屋を予約することができました。
太宰府に温泉があることは知りませんでしたが、いいお湯でした。
久し振りに家族みんなで楽しい太宰府を満喫してきました。子供たちは遊園地が一番楽しかったようです。わたしたちは国立博物館と太宰府天満宮が印象強かったです。
太宰府に旅行を計画している人には最高のサイトですね!嫁さんからもよろしくとのことです。
ありがとうございました。

※ イチローさん ご家族おそろいでようこそ太宰府へ そして嬉しいメールをありがとうございます
ご旅行の計画に私のサイトを利用していただき、HPを運営している者にとってはこれ以上ない喜びです ホテルの予約が取れたということは、かなり以前から計画なされたのが窺えますね
またいつかお越しになられることを期待しています    管理人



2008.3.3
初めてお便りさせていただきます。福岡女子短期大学同窓会事務局の”N”と申します。
太宰府を色んな角度から紹介されてある「ことまち太宰府」のホームページ。いつも感心させられながら、拝見しております。
写真のアングルや、美しさなどがとにかく素晴らしいですね。
福岡女子短期大学のページのお便りの中に卒業生の方が喜んでおられるのを見て、関係者として感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。
私も同窓会「風早会」のホームページを開設しており、その中でブログも立ち上げております。卒業生の数は全国に25000人にのぼり、多くは卒業後、太宰府や母校の様子を知らない方ばかりのようです。
少しでも、母校や太宰府の様子をお知らせすることができれば・・と写真を掲載したいと考えて自分自身でも撮っていますが、何分素人・・・。
なかなか喜んでいただけるような写真を見つけることができません。
そこで、風早会のホームページ・ブログでのリンクの許可と、もし、よろしければ、写真の使用を許可いただければ幸いです。
もちろん、「ことまち太宰府より掲載」の文字は入れさせていただきます。
当会では、年一回の会報も発行しており、こちらでも母校である福岡女子短期大学の写真を掲載する事もあるのですが、お写真をお貸しいただければ全国の卒業生も喜ぶのではと思っております。
  続 ↓ 
2008.5.13
テルさん、こんにちは。
福岡女子短期大学の桜をHPにアップしていただき、ありがとうございます。職員の方々と見ながら、「ことまち太宰府さんは、さすがにお上手ですね」と話していました。
また、卒業生の方が喜んでコメントを残していらっしゃる事も何よりうれしいです。
テルさんの写真で、沢山の卒業生の方々が全国各地で喜んでくれているようです。
特集を組んで下さってありがとうございました♪
また、楽しみにしております。

※ 同窓会事務局の”N”さん本当に嬉しいメールをありがとうございます
私の下手な写真を使っていただけるとのこと・・・光栄です どうぞご自由にお使いください
福岡女子短期大学のコーナーにリンクを張らせていただきました 
今後ともよろしくお願いいたします      管理人



2008.2.19
はじめまして。福女短卒のayumiと申します。
卒業してもう25年も経ったのかと思うと寂しいような気がしています。
当時は福岡市の実家から通い、よく五条の踏切を潜り抜けて駅まで電車とかけっこをしたり危ない行動をしたものです。あの踏み切りの遮断機は長すぎましたからやっちゃったんですけど、今思うと何てことをと反省します。
でも、それもこれもみんな思い出深く、懐かしいものですね。
今は名古屋に住んでいますので、福岡が恋しいときがよくあります。そんなときはこのサイト「ことまち太宰府」を見て懐かしんでいます。
そのうちにまた福女短キャンパスを訪問してみたいと思っています。

※ ayumiさん名古屋からのご訪問ありがとうございます 五条の踏切をくぐり抜け?その光景を何度も目撃しましたよ 今は殆ど見なくなりましたのでご心配無用です(笑)
ぜひまた母校の福岡女子短期大学へ寄ってくださいね        管理人



2008.2.17
山形の佳代と申します。七回目のメールです。
先日、こちらの地方でも太宰府の九州国立博物館のニュースが流れておりました。日本の4国立博物館の中で図抜けてたくさんの来館客数であることを報じていました。
太宰府は全国的な知名度もあり、集客には大変有利ではありますが、やはりそれなりの努力なしでは成し遂げられないでしょう。
すばらしい企画と取り組みとPR活動は並大抵のことではないでしょう。そんな努力があっての成績は他も見習わなければいけませんね。
管理人さんの「ことまち太宰府」では、太宰府のすべてを網羅しており新鮮な情報を入手できます。お勤めは現役だとお聞きして、毎日が大変お忙しいと推察しますが、私のように太宰府に興味を持っている人のために、今後ともどうぞ頑張って歴史の太宰府を見せてください。

※ 山形の佳代さん、七回もメールをいただきながら、このコーナーに初めてご紹介させていただきました
いつも皆さんからたくさんのメールをいただき、ほんの一部しかご紹介しておりませんが、嬉しくありがたい気持ちは本当に大きなものがあり、感激に溢れています
これからも太宰府を楽しんでいただくために、頑張る所存です
いつも嬉しいメールをありがとうございます     管理人



2008.1.20
おんじと申します。いつも楽しませていただいてありがとうございます。
先日、ヘルパーさんとのウォーキングで足を延ばして、学業院中学校の周辺を回ってくるコースを選びました。
ちょうど、昼休みの時間だったらしく、隣りの水城小学校の校庭では、子供たちが元気な声を出して、縄跳びや、ドッチボールなどで、思い思いに遊んでいました。
学中の方でもバスケットをしていたり、バレーボールで遊んでいる声が聞えていました。私のころは、木造二階建ての校舎でした。体育館は危険校舎になってたくらいです。
私の卒業した年か、翌年に建て変わったと、記憶しています。私の目には昔の木造校舎しか見えませんでしたけども周辺の雰囲気や、学生の様子を感じて、なつかしくなり、メールさせていただきました。

※ おんじさん いつもコメントをありがとうございます
お見受けしたところ、お目がご不自由だと存じますが、ネットでのブログ発信や交流にとご活躍で、嬉しく、また感動を覚えています
今後ともどうぞよろしくお願いいたします     管理人



2008.1.5
管理人さん、明けましておめでとうございます。
太宰府市のお隣り筑紫野市出身のヤマ子と申します。年末に神戸から帰省しています。
太宰府は子どもの時分からお庭のようなものでよく行っていましたので、神戸からは度々このサイトを見せてもらっていました。私にとってもありがたいサイトで、懐かしさもいっぱいの写真が並んでいます。
ことまち太宰府はヤフーのマイブックマークにも登録しています。
元旦に母と二人で2年振りの初詣をしてきました。さすがに太宰府天満宮は大人気で2時間以上もかかってしまいましたので、きっとご利益があると思います。
明日の朝神戸に戻りますが、このサイトがある限り心が安らぎます。続けてくださいね。

※ ヤマ子さん あけましておめでとうございます
嬉しいメールをありがとうございます このような皆様からのお便りが一番嬉しく思います
筑紫野市のご実家は、太宰府市に隣接しているのでしょうか?ぜひまたお便りをくださいね    管理人



2007.12.5
岐阜で九州に憧れているタツローと申します。。。
太宰府天満宮には修学旅行で行ったきりでもう30年も過ぎてしまいました。
当時のお宮の写真はありますが町の写真はありません。バスでいろんなところを回ったと思いますがあんまり覚えていなくて、ふと思い出して検索しましたら管理人さんのページに辿り着きました。
改めて太宰府を見物させていただきました。懐かしいような嬉しいような学生当時の気持ちで巡りました。ガラス棚には当時買って帰った天満宮の赤い橋の置物がまだ現役です。
これからもこのページで時々太宰府見物をさせていただきます。

※ タツローさんご訪問ありがとうございます 九州のファンとのこと、嬉しいですね~
私のサイトだけでなく、ぜひもう一度お越しになりませんか お待ちしています    管理人



2007.10.3
栃木の山奥に住んでいるゴンタといいます。
昔は福岡の大学に通い、福岡市に就職していましたが、このたび定年を迎え、生まれ故郷のここへ越してきました。
太宰府へはよく行きました。友人が訪ねてきたら必ずといっていいほど太宰府を案内しました。
太宰府は飽きが来ないいい町です。私もホームページを作っている最中ですが、ここの太宰府のコーナーを作りたいと思っていますので、よかったら何枚か写真を拝借できないでしょうか。
管理人さんのお名前と「ことまち太宰府」からお借りしている旨を掲載しますので、よろしくお願いします。
完成しましたら一番に報告させてもらいます。
充実した素晴らしいサイトをこのまま続けて、私たちを楽しませてください。

※ ゴンタさん、太宰府はお詳しいんですね 嬉しく思います
新たにホームページを作成中だとか、私の写真でよろしければどうぞお使いください 楽しみにしていますね      管理人



2007.6.27
初めてお便りします。太宰府出身で神戸在住のサトシと申します。
実家も太宰府ということで毎年正月には帰省しておりますが、母校の学業院中学校は懐かしさが込み上げます。
3年間通った学校なのに、このサイトの写真で初めての発見もありました。
見慣れた太宰府の街並みでもここ神戸で毎日見れるのは、嬉しいものです。
卒業して21年、友達の顔も当時の顔が今はどんなおじさんになっているのか、想像するだけでも楽しくなってきます。また時々見させていただきます。

※ サトシさん、ご訪問ありがとうございます 神戸には何度か行きましたので、特集も組ませていただいています
太宰府が故郷の方からはこうした嬉しいお便りをよくいただきますが、本当に嬉しいものです
太宰府のどこかの掲載のご注文がございましたらご遠慮なく、お申し出ください      管理人



2007.4.11
こんにちわ。はじめまして。
倉敷に転勤して早5年になります佐賀市出身のミルと申します。
ゴールデンウイークに帰省したときに九州国立博物館へ行こうと検索したら管理人さんのサイトに出会いました。夢中になって見ました。
太宰府には学生のときに行きましたが、太宰府の見所がこんなにたくさんあったことにびっくりしました。
帰省したら太宰府に行きます。管理人さんありがとう。

※ ミルさん、ご投稿ありがとうございます 私も雨の倉敷に行ったことがあり、懐かしいような歴史を感じました 昔の風情が漂ういいところですよね 
太宰府へはお待ちしています          管理人



2007.1.25
(H.N:和歌子さん)
はじめまして、和歌山の田舎で主婦をしています。
先日叔母がサークル仲間と太宰府のほうへ参りまして、楽しく見物ができたとお礼のメールが届きました。
こちらのサイトを紹介しましたら、まるで暗記でもしたように見物先で案内役になったそうです。
皆さんが書き込まれていらっしゃるように、充実したサイトにただ関心いたしております。
今後も皆さんのために情報発信をお続けください。また、このサイトのますますのご発展をお祈りいたします。
叔母に代わりまして御礼を申しあげます。ありがとうございました。

※ 和歌子さんようこそ 伯母様は太宰府を楽しんでいただけたんですね HPを発信している管理人として嬉しく思います
こちらこそありがとうございました     管理人



2007.1.22
(H.N:岩ちゃんさん)
昨年末に職をリタイアして、隠居する前の記念旅行で寒い岩手から暖かい九州へ行ってきました。
夫婦の旅行は五年振りで、今回はインターネットで調べて決めました。ハウステンボスから始まって、太宰府、宮崎、鹿児島を回ってきましたが、九州は観る所がたくさんあって満足満足です。
太宰府へは初めて伺いましたが、お宮さんや、お寺さん、博物館、史跡などに恵まれて特に印象に残りました。
出発前に管理人さんのことまち太宰府で勉強させていただいた御蔭で、実のあるものになりました。あなた様のホームページは読むよりも見て楽しめる、私にはぴったりのホームページです。
こんなにたくさんの写真で太宰府をご紹介されているのは、ここだけですね。いろいろ探してみましたが、太宰府を知るのは管理人さんのホームページが最高です。
おかげさまでいい旅をしてきました。ありがとうございました。

※ 岩ちゃんさん遥々岩手からお越しいただいてありがとうございます ご夫婦水入らずの九州の旅、楽しかったでしょうね 
またのお越しをお待ちしております          管理人


このページのトップへ   ホーム「ことまち太宰府」
[PR]

by kotomachi | 2007-01-25 01:40 | 嬉しいお便り紹介

お便り紹介 1

№1 2004年~2006年
最新のお便り紹介ページへ

ホームページ「ことまち太宰府」(2005.3.26以前は「いいとこ太宰府」)へお寄せいただいた嬉しいメールの中の、ほんの一部ですが紹介しているページです
皆さんからの温かい言葉をいただいて、肩こりもなんのその元気いっぱいになれます

ホーム「ことまち太宰府」
a0042310_16391125.jpg


2006.9.8
 初めまして。 千葉に住んでおりますコスモスと申します。
ととろさんより紹介して頂きまして 見せて頂きました。
暖かい九州の紅葉が あまりにもステキなのに びっくりいたしました。
伝統を継承していくお祭りが あまりにも盛大で 準備はどんなに
大変な事かと 想像しております。
飲んで 食べて 歌って 踊ってだけのお祭りでさえ かなり大変です。
ことまち大宰府を 存分見せて頂き有り難うございました。
素晴らしいHPです !!
益々の ご繁栄を お祈り申し上げます。

※ コスモスさん、お越しいただいてありがとうございます ととろさんには随分お世話になっています
お陰さまで、毎日沢山の方に訪問いただき、嬉しくてまた感謝しています
コスモスさんも、ぜひ一度太宰府の地へお越しくださいね       管理人



2006.7.7
超大型のサイトにびっくりしています。
大阪のテル坊です。管理人さんと同じニックネームでもう50年も生きています。
「テル坊」で検索しましたらこのサイトに着きました。
九州には何度も行っていますが、太宰府は未踏の地です。
有名な菅原道真公を祀っている太宰府天満宮と九州国立博物館には一度は行ってみたいと思っていますが、このサイトだけで十分楽しめるほどの超大型のホームページに圧倒されました。
見ている内に、ますます行ってみたい気持ちにさせてくれます。
機会があれば是非お伺いします。ありがとうございました。

※ 大阪のテル坊さん、ご訪問ありがとうございます ニックネームはなんだか親しみを強く感じます
ぜひぜひ太宰府へお越しくださいね お待ちしています              管理人



2006.4.7
ーありがとうございましたー
昨年の暮れにこのサイトを見つけて、学校の写真を増やしてほしいとお願いしていました福岡農業高校出身のコータローです。
この度はたくさんの写真を載せていただいて嬉しいです。友達と泥んこだらけになり栽培した花や野菜畑や水田どれもこれも懐かしいものばっかりです。
先生たちもお元気かなあとついつい画面に話しかけてしまいました。
こんなに私たちの気持ちを汲んで載せてくれるサイトは他にありません。
きっと卒業生のみんなから喜ばれていると思います。これからもよろしくお願いします。
宮崎市に住んでいます。よか歳になりました。

※ コータローさんお久しぶりです やっと増枚することができました
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします      管理人



2005.12. 5
台湾からです
突然のメール失礼いたします。私は福岡大学の3回生の「Y.Z」と申します。
実は、今交換留学生として台湾に派遣されているんですが、来年の1月に福岡に帰ることになり何か記念になるものを残したいなぁと思い、個人的に福岡ナビのようなものを作ろうと思い立ちました。
というのが、台湾の人たちは日本が好きですごく詳しいんですが、大阪や東京に比べると九州や福岡のことには疎く、聞いたことはある・・・といった感じであまり知られていません。それに、私の大学にも留学する人はあまりいないと言うのを聞いてとても残念に思い、少しでも福岡をアピールできたらいいなぁと思い、台湾から福岡への留学生用にガイドブックを作成しようと思い立ちました。そのガイドブックの中で福岡の観光名所や季節のイベントなどを写真つきで紹介しようと思っています。そこで、太宰府天満宮と九州国立博物館を紹介する際、ことまち太宰府サイト内の写真を利用させていただきたいんです。突然で申し訳ないのですが写真の利用を許可していただけないでしょうか。掲示板に書き込ませていただこうかとも思ったんですが、メールにてお願いにあがりました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

※ Y.Zさんようこそ 私の写真は雑でセンスも何もないものですが、こんなものでよろしければどうぞご自由にお使いください ぜひ台湾留学の記念に「福岡ナビ」を完成させてください こちらからエールを送ります 
頑張ってくださいね    管理人



2005.10.25
10月22日に国立博物館に行って来ました。(写真)   K.K夫婦
先日は博物館のことで色々と質問しましたところ、ご親切にメールにて詳細にご回答戴き、ありがとうございました。
お陰様で迷うことなく目的が達成でき、香川から出てきた甲斐がありました。
午後からでしたので、あなた様お勧めの太宰府天満宮からのコースに決めて、太宰府駅から出発し、光明寺・天満宮・エスカレーター・虹のトンネル・国立博物館・九州歴史資料館。大観荘宿泊(国民年金保養センターは空きがありませんでした)。歴史資料館は、観覧の途中で閉館の時間になってしまいました。
翌日は、観世音寺・戒壇院・太宰府政庁跡・太宰府展示館・国分寺跡・文化ふれあいセンター・水城を回りました。チャーターしたタクシーの運転手さんから「太宰府をお詳しいですね」と言われ、あなた様のことをお伝えしました。
どれも有意義な観光ができました。なんとお礼を申してよろしいやら。福岡市内も海岸沿いを見て歩き、ゆったりとした2泊3日の旅でした。
テル坊様と「ことまち大宰府」のますますのご発展をお祈りいたします。先ずは御礼まで。

※ K.Kご夫妻様、ようこそ太宰府へ 博物館は人出が多かったことでしょうね その分見物時間がオーバーして歴史資料館のお時間が不足したのでしょう その計算ができていませんでした ごめんなさい
でも、ご満足いただけたようでほんとに嬉しく思っています またのご来訪をお待ちしています      管理人



2005. 9.28
 観光(官公)に行きました
初めてメールしました・サトル35歳・東京です。
今年の3月にあるサイトを通じて「ことまち大宰府」を知りました。
九州の熊本出身で、大宰府にはよく行きました。母が福岡には定期的に行っていますので、天神様のお守りも毎年母から送ってもらっています。
5年ぶりに大宰府の官公様にお参りに行ってきましたが、ホームページの写真のところを見つけるとなんだか自分の写真だったような気持ちになりました。
母もホームページの仲間に入ったそうで、慣れてきたら「浜木綿」という名で伺うと思いますので
そのときはよろしくお願いします。

※ サトルさんようこそ 観光と官公を掛けてのユーモラスな題でおいでいただきありがとうございます
東京には永住されるんですか お母さんは寂しいでしょうね
「浜木綿」さんからの書き込みを楽しみにお待ちしています     管理人



2005. 7. 8
ことまち太宰府 管理人様
はじめまして、私、太宰府市民吹奏楽団HP管理人の「S.I」と申します。
当楽団の演奏会情報を掲載して頂き、本当にありがとうございます!
インターネットを見てご来場、という方もここ数年は多くなってきておりまして、団員一同感謝しております。
当団のリンク集の方に「ことまち太宰府」さんのHPのリンクを掲載いたしました。
もし、お手すきのようでしたら、当日の演奏会に足を運んでいただければと思います。
太宰府市民吹奏楽団 S.I    

※ S.Iさんありがとうございます 太宰府市民吹奏楽団はボランティア精神が旺盛で、音楽を通じ心の癒しと感動を与えるという素晴らしい活動をされていますね 太宰府の誇りだと思っています
これからも、たくさんの人々に感動を与え続けてください いつもありがとうございます    管理人



2005. 5. 5
 やっと見つけました
私は太宰府小学校・太宰府中学校・太宰府高校の3太宰府校の出身です。
東京の某大学を卒業してそのまま東京暮らしをしています。
高校の同窓会のときに「いいとこ太宰府」のことを聞いていましたが、ど忘れしていました。
友達に聞いて聞いて聞きまくりましたらやっと見つかりました。「ことまち太宰府」に変更されていたのですね。
今年のゴールデンウイークは、太宰府には帰らずに逆に父母に東京へ来てもらいました。
ここ東京で「ことまち太宰府」を家族みんなで隅から隅までみました。こんなホームページがあることは、太宰府を出て行った人たちにとってはたまらない情報だと思います。
父母も、近所や駅、学校、史跡など普段見ているところがパソコンに映りますから夢中になって順番を守ってくれません。多くの情報と写真の数にびっくりしています。
こんな私たちがいますので、いつまでも続けてくださいね。 PNやなちゃん

※ やなちゃん、ありがとうございます 頭に「太宰府」がつく学校は太宰府小学校を卒業された人が、太宰府高校に行けば、小中高全てに太宰府がつくんですね ご両親と東京でGWを過ごされたとのこと、親子水入らずでご両親もお喜びでしょう      管理人


2005. 2.25
昨年の9月8日に載せてもらった「第一経済大」卒のケイです
管理人さん先日はミニ同窓会に来ていただいてありがとうございました。親しい友達だけの同窓会を梅の見える太宰府で楽しく行うことができました。私たちの個人的な集まりに、お忙しい中なのにメールで招待状を出してしまってすみませんでした。
本当は、管理人さんは忙しくて来てくれないでしょうと皆に伝えていたのですよ。嬉しかったですし、自慢でした。私たちから見る「いいとこ大宰府」は、テレビ局や新聞社のように近づけないような、別の世界のことのように思えていましたので、個人のお願いを叶えてくれたことが自慢でした。皆からも「ケイはすごい人を知っているんだ」とうらやましがられています。
写真もCDで人数分を送って頂いて皆喜んでいます。写真が125枚も入っていました。恥ずかしい写真もありますが、全員自分のパソコンアルバムにいれました。15人を代表して御礼を申し上げます。管理人さんの住所が書かれていましたが、ナイショにしますね。私だけが知っている優越感があります。背が高くて、ナイスガイで頼もしい管理人のテル坊さん、忘れません。

※ ケイさん、ありがとう 会場の天満宮境内の茶店を選んだのは、良かったですね ご招待いただいてお断りしたら失礼になりますから、図々しくもお邪魔しました ミス太宰(ダサい)のルミさんと準ミスのT美さんはお気の毒でしたね あくまでも余興の一つ 可愛い方でした 私も楽しかったですよ     管理人


2004.12.28
いやいや素晴らしい。「こそっと」こんなスゴいホームページ作ってたなんて!本当に驚きです!
我が家のパソコンはマックなので、少し表示がおかしくなっているのがちょっと残念です。
それにしても、何がきっかけでホームページの運営を始められたのかなぁ?って考えていると貴殿から数年前にいただいた年賀状を思い出しました。「生涯学習を愛しています」って大胆なフレーズです。
このホームページこそ、ご自身の「生涯学習」。まさに「自分探しの旅」なんですね!
今後もこのサイトがどんな展開をするのか、ちょくちょく見せていただきたいと思います。
それでは、よいお年を。がんばってください。
先日、臼杵の友人たちと四浦に釣りに行きました。残念ながら、釣り人は地元の皆さんからは歓迎されてはないようでした。
やはり、駐車とかゴミなどのマナーの問題なのでしょうかねぇ?ついでながら、われわれは魚からも見放されてしまいましたが・・・。(曲豆.K)

※ 曲豆さん四浦に行かれたのですか 海と山の大自然に恵まれた素朴なところ、私のふるさとです
「生涯学習を愛している」そんなことを書いていましたか 恥ずかしいです
これからも「いいとこ太宰府」をよろしくお願いします ご訪問ありがとうございます     管理人



2004.11. 4
ロサンゼルスからです
母に教えてもらって初めてお邪魔しました。 こういうSiteがあるんですねー。
情報量や写真の多さに驚きました。 
懐かしくって嬉しくて色々見ていましたが、意外に知らないことも多くて、楽しませて頂きました。帰りたくなっちゃうなあ。 
母が掲示板の方に載せてましたが、太宰府を離れてもう17年、フィリピン、カナダ、メリーランド、アトランタあちこち移り住み、現在はLA在住です。
やっぱり故郷がなつかしくなることもあるので、こういうSiteがあると嬉しいですね。
写真が満載の掲示板のほうも、時々お邪魔させていただきます。(ととろの娘)

※ ととろさんの娘さん ようこそ はるばるアメリカからご訪問いただき、ありがとうございます
ととろさんにはいつも掲示板に書き込んでいただいて、ありがたく思っています
太宰府がふるさとの皆さんからいただくメールは、いつも嬉しくて涙することも多いんですよ
嬉しいメールをありがとうございます ととろさんにもよろしくお伝えください    管理人



2004.10.28
懐かしいふるさとの香り (古里 偲) 
私は、昭和26年に太宰府で生まれ太宰府で育ち、昭和48年に太宰府から神奈川にお嫁に参りました。
当時は大雨による大災害が起きて大変な中を、結婚式の準備をいたしました。
親が平成元年を最後に他界しましたので、その後太宰府には帰っておりません。
しかし、生まれ育った太宰府は懐かしく、中学校のクラスメートの名前は今でも出席簿順に覚えております。
先生が毎朝出席をとられるあのアクセントのままの記憶です。
テル坊さんの「いいとこ太宰府」をウィンズで見つけまして飛んで参りました。
街並みは随分変わっておりますが、ここで生まれ育だった私にはどこの場所かは殆んど分かります。通った学校、五条駅、太宰府郵便局、お店、交差点、友達の家、団地の入口、昔ながらの我が家の近所などなどが沢山の写真で見えます。
懐かしさのあまりに、涙しながら半日かけて隅々まで拝見させていただきました。
本当に嬉しい、懐かしいホームページです。
太宰府の香りをそのままに、発信されていらっしゃる「テル坊」さんに心から敬服申し上げます。
くれぐれもお体に気を配られまして、末永くお続けくださいますようお願い申し上げます。

※ 古里 偲さんのお名前のとおり、故郷を偲ぶお心が伝わってきます こんなHPでも少しはお役に立てたことを喜んでおります これからもよろしくお願いします    管理人


2004.10.17
重宝しています
『いいとこ太宰府』のホームページ、素晴らしいと思います。
本当に上手に作成なさっているのですね。ひたすら感心しております。
現在太宰府に住んでいても、街のあちこちのスナップなど知っている場所や学校や家が出てくると、嬉しくなるものです。
いい企画ですね。
太宰府の短大などを卒業なさった方が『懐かしい、また訪れたい』とメールをくれる気持ちが納得出来ます。
私個人としては、便利情報のコーナー『新聞』の欄も重宝しております。
自分の家で購読している以外のものにも、目を通すことが出来ます。
これからも頑張ってください。応援しています。 (N.T)

※  N.Tさんご利用をありがとうございます 皆さんの励ましのおかげで何とかHPを維持できています
これからも頑張りますのでよろしくお願いします     管理人



2004. 9. 8
 初めておたよりします
管理人さん初めまして。私は長崎市でOLをしていますケイと申します。
一経を卒業して6年目です。友達からいいとこ太宰府を紹介してもらいました。
一経の写真もそうですが、太宰府の市内がたくさん見れて懐かしいです。
五条でアパート暮らししていましたが、その周辺の写真もたくさん載っています。
友達もこのホームページを多くの同窓生に紹介していますので、私も負けずに広げていきます。
12月に五条に集まって10人ぐらいでミニ同窓会をしようと思っていますので、そのときに写真を撮っていただき、載せてもらえたらいい記念になると思います。
このホームページの写真の場所をみんなで歩いてみようと計画しています。
”太宰府に集合しよう”が合言葉です。会社のパソコンのお気に入りに入れて毎日見ています。
みんなで応援しています。

※ ケイさんお便りありがとうございます 第一経済大学のご卒業ですか ミニ同窓会は楽しみですね
私のサイトを宣伝していただいているようで感謝申し上げます。これからもよろしくお願いします     管理人



2004. 7.13
 太宰府に行ってきました
管理人さんお久しぶりです。もう40になったR.Iです。(5月11日に掲載していただいた続きです)
約束どおり今月の10日・11日にかけて家族みんなで太宰府に行ってきました。
9年ぶりの太宰府は、少し変わっていましたが、友達は以前のままでお互いに年をとっていませんでした(^-^;)。連絡していたこともあって、5人で食事を楽しむことができました。(食事タイムだけ夫と子供は別行動です。)
「いいとこ太宰府」のおかげで、夫と子供は初めての太宰府を満喫しました。
天満宮や観世音寺、都府楼跡、福岡女子短期大学、寮などたくさん回るうちに学生時代の思い出が募り、つい声まで出して泣いてしまいました。
本当に懐かしく楽しい旅でした。
テル坊という名の管理人さん、このようなきっかけを作っていただきありがとうございました。

※ R.Iさん、ご一家の皆さんようこそ太宰府へ。2度目のお便り何度も何度も読み返しました。
つまらないホームページにもかかわらず、暖かいメールをいただき、ありがたくて涙が出ました。     管理人


2004. 7.6
 あんたはスゴイ
「テル坊のホームページ」またバージョンアップしたのですね。
細かいところまで配慮があり、どこをクリックしても見ごたえあり。
窓を開くのがとても楽しくなってきます。
すごい、素人とのことですがテキスト見ながら作ったものとは思えない。
ほんと、長所をいかしてのめりこんでますね。またまたじっくり見せてもらいます。
あんたは、スゴイ!!!!!  太宰府のM.T

※ 私と同じ太宰府に居住されているM.Tさんのメール、すごく励みになります。
ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。       管理人



2004. 5.28
 テル坊様へ
はじめまして。私は筑紫女学園短大の卒業生です。
私はずっと太宰府で育ち、結婚してしばらくこの地を離れていましたが、このたび、夫と慣れ親しんだ大好きな太宰府に戻ることができました。
久しぶりにこの地を散策してみようとインターネットを見ていたらこの「いいとこ太宰府」を見つけました。
写真もたくさんあって、なつかしさや新しい発見など、本当に今の太宰府を旅しているかのように夢中になって見させていただきました。今度は夫と一緒に実際に歩いてみようと思います。
このホームページに出会えたことをとてもうれしく思っています。
これからも見させていただきます!ありがとうございました。   K.Mより

※  K.Mさんお便りありがとうございました。来年出産予定とのこと、おめでとうございます。
お大事にされてください。元気な赤ちゃんが無事に誕生しますように心からお祈りいたします。       管理人



2004. 5.18
 いいとこ太宰府の管理人さんへ
インドネシアで見ています。実家が太宰府です。
妹からのメールでこのページを知りました。ここには3年の予定であと2年滞在します。
一人で過ごす休日は物足りなくて、太宰府を思い出さない日はありません。
太宰府に関するページを開いては懐かしんでいましたが、これからはしょっちゅう管理人さんのページを覗かせてもらいます。
写真も沢山ありますし、リンクの構成も良いですね。
素人でも分かりやすく、興味をそそります。
私の実家が写真の中にあります。○○○の写真で中央右の白い2階建ての家です。
この写真はできるだけ長く載せてもらえたら嬉しいです。
インドネシアの日本人ウッチーことH.U

※ ついでがありましたのでH.Uさんのご実家の前まで行ってきました。閑静な住宅街でいいところですね。      管理人


2004. 5.11 
早速お気に入りに追加しました。
始めまして 私は広島県出身で寮生活をしていた福岡女子短大の卒業生です。
結婚して岡山にいます。
ネットで「太宰府」を探していたら「いいとこ太宰府」に出会いました。
夫や子どもたちと一緒に見ています。(私の解説付です)
懐かしい太宰府の町並みや、名所旧跡を思い出しました。
太宰府にはもう10年近く行っていませんが、いても立ってもいられない気持ちになりました。
近いうちに必ず家族で行きます。
私の大好きな太宰府市をずうっと発信し続けてください。
応援しています。(もうすぐ40になるR.I)

※ ありがとうございます。第1号のメールで感激しています。ぜひ太宰府においでくださいね        管理人

このページのトップへ   ホーム「ことまち太宰府」へ
最新のお便り紹介ページへ
[PR]

by kotomachi | 2004-05-15 17:50 | 嬉しいお便り紹介